重要な鍵を握る猫、ムタ

ジブリ映画には、どこかほっこり癒されるパワーがあります。ストーリーに入り込んで、自分が体感しているかのようなハラハラした気持ちも味わうことができますが、どこかですごく癒されているのです。

それが一番多いなと感じるのが猫の恩返しです。猫好きにはたまらない映画だとは思いますが、そうでない方も癒されるシーンはたくさんあります。

ストーリーでも重要な鍵を握るムタさんという猫が、一見怖そうに見えるのだけれども非常に優しくて紳士的で、ぽっちゃりとした体系に非常に癒されます。

ストーリーの最後まで、とてもいい役ですしムタさんを知ることができて良かったと感じるはずです。かわいいなと思って見ていたら、すっかりキャラクターにハマってしまって終わりごろにはなんとなくキュンとしているようなこともあると思います。それがジブリ映画の魅力ですし、何度見ても飽きない理由のひとつです。見れば見るほど、魅力にどんどんハマっていきます。

Copyright(c) 2016   『猫の恩返し』 ~少しコミカルで心温まるジブリ映画~   All Rights Reserved.