猫の恩返しの主人公吉岡ハルとは

柊あおい原作でジブリ映画にもなった猫の恩返しの主人公、吉岡ハルは、日常をなんとなく過ごすどこにでもいるような女子高生です。ドジが多く寝坊して遅刻することもしばしばあり、悶々としている日々を送っています。

母子家庭なので家事手伝いなどは積極的に行っているため、炊事などは得意です。クラスメイトの町田に片思いをしていますが、すでに町田は他の女子高生と交際しています。

ある日、猫の王子ルーンを交通事故で助けた事から、猫の国より王子の婚約者に選ばれてしまいます。困っていると、その時不思議な声(バロン)とムタという猫の案内により、猫の事務所へたどり着き、バロンと出会います。ですが結局、猫の国に連れて行かれて猫王の策略により半分、吉岡ハルは猫化してしまいます。 夜明け前に元の世界に帰らなければ人間に戻れなくなるため、バロンたちとともに奮闘します。バロンとともに数々のトラブルを潜り抜けていくうちに吉岡ハルはバロンのことを男性として意識するようになっていきます。

Copyright(c) 2016   『猫の恩返し』 ~少しコミカルで心温まるジブリ映画~   All Rights Reserved.