ハルの成長

ジブリ映画の1つで2002年に上映され、今もなお多くの人々から愛されている「猫の恩返し」。この映画作品は「耳をすませば」の主人公、月島雫が執筆した物語という設定です。様々な個性を持った登場人物(猫)たちが非常に魅力的ですが、この映画の最大の見どころはやはり、主人公である吉岡ハルの成長過程ではないでしょうか。吉岡ハルは、ごく普通の女子高生です。しかし、ある日車に轢かれそうになっていた猫を助けたことがきっかけで日常が大きく変化してしまいます。その猫は、実は猫の国の王子でした。そのため、ハルは猫の国に招待され、猫の国の妃にされることが決められてしまいます。そんなときに、彼女はどこからともなく聞こえた声を手掛かりに猫の事務所を見つけ、助けを求めます。物語の序盤から中盤にかけて、ハルは気弱な性格で、猫の紳士バロンに助けられてばかりでした。また、猫の国は「自分の時間を生きられないものが行く場所」でありますが、そこで自我を強く持たなかったハルは猫になってしまいます。しかし、自分が助けた猫のルーンとユキ、猫の事務所のバロンやムタとの出会いや、猫の国での出来事を通じて次第に自分の気持ちをはっきりと猫王に主張したり、彼女がいる同級生への不毛な片思いにけじめをつけたりできるようになっていきます。そして、最後にはバロンに彼への好意と感謝の気持ちを伝え、日常に戻ってゆきます。ハルの経験は非現実的ですが、彼女の成長のしかたは現実的で共感できる人も多いと思います。青春時代ならではの人間的成長がこの物語の魅力で、最大の見どころであると言えます。

猫の恩返しの主人公吉岡ハルとは

柊あおい原作でジブリ映画にもなった猫の恩返しの主人公、吉岡ハルは、日常をなんとなく過ごすどこにでもいるような女子高生です。ドジが多く寝坊...  続きはここから ⇒

「猫の事務所」の所長、バロン

ジブリ映画と言えば可愛いヒロインたちも見どころですが、やっぱり女子ならかっこいいヒーローに目が行ってしまうのではないでしょうか。今日は20...  続きはここから ⇒

重要な鍵を握る猫、ムタ

ジブリ映画には、どこかほっこり癒されるパワーがあります。ストーリーに入り込んで、自分が体感しているかのようなハラハラした気持ちも味わう...  続きはここから ⇒

Copyright(c) 2016   『猫の恩返し』 ~少しコミカルで心温まるジブリ映画~   All Rights Reserved.