ジブリ映画、猫の恩返しの原作

ジブリ映画「猫の恩返し」は、なんとなく日常を過ごすごくごく平凡で普通な女子高生、吉岡ハルを主人公とした映画です。ハルはドジなとこも多いが、母が仕事で多忙な時などは炊事などを引き受けており家事は得意な女の子です。クラスメイトの町田に片思いしていますが、彼は他に交際している女の子がいます。寝坊して遅刻した日の放課後に見かけない猫が車に轢かれそうになるのを見つけ助けます。助けられたその猫は日本語でハルにお礼をし、二足歩行で去っていきます。助けた猫は猫の国の王子、ルーンだったのです。翌日よりハルのもとにお礼の品々が猫の国より送られてきます。猫じゃらし、マタタビ、ねずみといったお礼の品々です。使いの者、ナトルに「猫の国に招待する」「ルーンの妃にする」と言われます。困っていると、学校の帰りに不思議な声に導かれて、猫の事務所にて太った猫ムタとバロンに会います。ハルは猫の国で、猫王の策略により猫の半獣人にされてしまいます。猫の国にてバロンたちと共に奮闘していき、そのうちにバロンにハルは惹かれていきます。もともとこの「猫の恩返し」は、ジブリ映画「耳をすませば」の主人公である、月島雫が書いた物語という位置づけのスピンオフ映画になります。猫のムタと、男爵バロンが2作に共通して登場しています。「猫の恩返し」は宮崎駿のリクエストを受け、少女漫画家の柊あおいが書き下ろしたコミック、「バロン猫の男爵」が原作になります。

Copyright(c) 2016   『猫の恩返し』 ~少しコミカルで心温まるジブリ映画~   All Rights Reserved.